スタッフ紹介

株式会社アスナロカン

望月 義明[代表取締役]

保有資格
宅地建物取引士
宅建マイスター
コメント
S33年4月26日生
23歳で会社を起業し、ファッション、美容、飲食業を経験し
S62年 不動産会社 アスナロカンを設立。
地域密着のまちづくりを提案し続けてる、不動産業を通じてお客様の土地、建物のトラブルや相談を受ける中で、不動産相続で悩んでいる方があまりにも多く、そういうお客様の一助になりたい!

守屋 理恵[不動産営業部 課長]

コメント
不動産業に関わることになったきっかけは私が20代の頃に取得した宅地建物取引主任者の資格を活かす仕事をしようと思い、先ずは分譲マンションの営業を経て、今の会社(不動産会社)に入りました。
アパート賃貸を主とした仕事を始め、テナント賃貸の魅力にひかれて今は主にテナント賃貸をしています。テナント営業をしていると貸主様が所有している物件が一つだけではなく、複数物件を持っている話しを聞き、また更に後継者問題の相談をして下さったり、土地の有効活用等と話しはどんどん増えて、私の知識ではとても対応できない内容まできていました。
今回、弊社社長からこのようなセミナーの存在をおしえてもらい、自分も勉強し誰かに伝えたいと思い参加することになりました。
「無知の知」という言葉がありますが、真に今の自分がそうであるように、自分が無知ということを知り、知らないことがまだまだたくさんあるんだと思ってこのセミナーの内容を取得したいと思っています。

米今 由実[不動産部管理主任]

趣味
スカッシュ
保有資格
宅地建物取引士
賃貸不動産経営管理士
AFP
2級ファイナンシャルプランニング技能士
コメント
☆出身地:山形県 ☆血液型:A型

その当時の通勤路に建築中の3F建の建物が気になっていて完成したらバブルが崩壊したにもかかわらず建てられた不動産会社の建物だったことで一気に不動産に興味をもちました。
その不動産会社の求人倍率が35~36倍くらいあったそうですが、全く素人の私がなぜか採用されました。それから27年が経ち、ずいんぶんといろいろな経験をさせていただきました。
と、同時に数多くのオーナー様とおつきあいをさせていただけるようになりました。
今でも変わらぬお付き合いです。
ですが、27年も経ちますと世代交代の時代が多くなってきます。
実際に相続対策のためにアパートを建てたり、売却したりと‥。
そのようなオーナー様のためにも、また、相続でお困りの方に安心して相談いただける窓口になりたいと思っております。
このページトップへ