スタッフ紹介

株式会社タカカツ不動産

千葉 郁夫[取締役社長]

コメント
昭和51年 25才の時にUターンをし、地元の建築資材業の(株)タカカツの営業マンとして入社。
昭和57年 ホームセンター業参入の時、お前やれと言われ、以降17年間、7店舗50億円の部門に育てる。
平成10年 本格的に注文住宅を始めるので、住宅部門の責任者やれと言われ、客単価2,500円、不特定多数の商売から、客単価2,500万円の特定少数の商売に変わる。
平成15年 心臓病を患い一度会社を辞める(1年半で心臓カテーテル7回実施)
健康もある程度回復し、呼び戻されログハウス(BESS)の盛岡店開設に従事。
ログハウス部門独立販社として分社。社長を拝命。
平成20年 注文住宅部門の(株)高勝の家の社長として転籍。平成27年まで社長職
後輩に社長を譲り、不動産部門の責任者として専任。
平成30年1月 (株)高勝の家から分社独立。株式会社タカカツ不動産を設立。
間もなく67才。まだまだ若い人には負けられないと老骨にムチを打っております。

佐々木 琢哉[不動産流通課 営業]

コメント
1978年7月18日生まれ B型
宮城県大崎市出身、独身

平成28年 37歳の時に宅建士免許取得を目標に19年間務めた工場を退職しました。
きっかけは実家のリフォームでした。両親とプラン決めや、色決めをしている内にその楽しさを与える側になりたいと思ったのがきっかけです。退職後、学校に3か月間通い、無事試験に合格し、今に至ります。
現在は、地域密着のタカカツ不動産で売買・仲介の営業を主な業務としております。
仲介~リノベーションといった相談に、お客様と寄り添える営業、楽しさを伝えることの出来る営業を目指し日々努力しています。
その中で、売却を希望するお客様の中には相続に関する相談が少なくはありません。
どこに相談すればいいのか、誰に相談すればいいのかが分からないお客様が多いのが現状です。
今後、タカカツ不動産では、不動産相続の相談窓口の設立、セミナー等を開催し、不動産相続に関するお悩みや疑問を解消するべく、お手伝いさせていただければと思いますので宜しくお願い致します。

須藤 秀之

コメント
不動産売買の仲介をさせていただいております。
その中で、相続等資産についてお悩みになられているお客様がいらっしゃいました。
相続相談を通し、お悩みごとを不動産にて解決するお手伝いをさせていただく為に始めさせていただきました。
ご不安に思われている事があれば何でもご相談ください。
このページトップへ