不動産相続の用語集 | 特定居住用宅地(とくていきょじゅうようたくち)

特定居住用宅地(とくていきょじゅうようたくち)
小規模宅地等の評価減の特例を受けることのできる土地のことをいいます。 この特例を受けるには「①被相続人と同居していた親族が、相続によってこの宅地等を取得し、②その相続人が、申告期限までその宅地等を所有し、引き続き居住の用に供していること」などの要件が必要です。