不動産相続の用語集 | 代襲相続(だいしゅうそうぞく)

代襲相続(だいしゅうそうぞく)
本来血族として相続人になるはずの人が、相続開始以前(同時死亡も含む)に死亡している場合、その子や孫が代わって相続人になることです。 代襲相続する人を代襲者といいます。また、代襲者は相続人の子(被相続人から見て孫やひ孫)、被相続人の兄弟姉妹の子(甥・姪)までです。