不動産相続の用語集 | 相続順位(そうぞくじゅんい)

相続順位(そうぞくじゅんい)

相続順位とは、民法により「相続の際に遺産を受け取れる権利がある人」と認められている血縁者(「法定相続人」)を、相続人となる権利を得る優先度の高い順に並べた序列のことです。
個人が亡くなって被相続人となり、配偶者がいる場合、その配偶者は必ず相続人となります。配偶者以外の法定相続人については、民法において次の通りに相続順位が決められています。

    【第一順位】直系卑属(被相続人の子又は孫)
    【第二順位】直系尊属(被相続人の父母又は祖父母)
    【第三順位】被相続人の兄弟姉妹

また、民法ではそれぞれの順位における遺産の分割割合「法定相続分」も定められています。優先順位の上位の者が存命である場合、それよりも下位の者は存命であっても相続はできず、配偶者及び優先順位の最も高い法定相続人で遺産を分割することになります。配偶者が存命の場合、次の割合で各順位の相続人に遺産が分割されることになります。

    【第一順位】配偶者:2分の1、直系卑属(子・孫):2分の1
    【第二順位】配偶者:3分の2、直系尊属(父母・祖父母):3分の1
    【第三順位】配偶者:4分の3、兄弟姉妹:4分の1