不動産相続の用語集 | 相続権(そうぞくけん)

相続権(そうぞくけん)
相続権とは、個人が亡くなった場合に、その亡くなった者(被相続人)の遺産を相続できる権利のことです。また、その権利を有する者を相続人と呼びます。
相続権を持つ「相続人」は、被相続人の意思や血族の構成などによって大きく変わります。
まず、被相続人が遺言により遺産分割の内容などについての意思を示している場合、その遺言は相続法の規定よりも優先して適用されます。遺言の内容によっては、法定相続人以外の者に相続権が与えられる可能性もあります。
被相続人の配偶者が存命である場合は、必ず相続権(遺留分減殺請求権含む)を与えられることになります。また、被相続人に直系卑属(子又は孫)がいる場合、配偶者と共に必ず相続権(遺留分減殺請求権含む)を持つことになります。直系尊属(父母又は祖父母)、兄弟姉妹については、上位の法定相続人がいない場合に限り、相続権を持つことになります。(直系尊属は遺留分減殺請求権を持つが、兄弟姉妹は持たない。)
被相続人に配偶者やその他法定相続人がいない場合、被相続人の生前に被相続人の療養看護に特に努めたなど、被相続人と特別に深い関係性が認められる者「特別縁故者」に相続権が発生する場合があります。