不動産相続の用語集 | 相続登記必要書類(そうぞくとうきひつようしょるい)

相続登記必要書類(そうぞくとうきひつようしょるい)
相続登記必要書類とは、不動産を所有する特定の個人が亡くなった場合、その不動産の登記名義を被相続人から相続人へ名義変更する手続き(「相続登記」)に必要な書類のことです。この相続登記必要書類は、遺産分割の方法によって異なり、遺産分割協議による場合、法定相続分による場合、遺言により法定相続人に相続させる場合、遺言により法定相続人以外に承継させる場合(遺贈)の4パターンに分けられます。各パターンで必要書類は異なりますが、概要としては
  1. 1.被相続人に関する書類(住民票、戸籍謄本、遺言書(ある場合のみ)など)
  2. 2.相続人(遺贈の場合は受遺者)に関する書類(住民票、戸籍謄本(遺贈の場合は必要なし)、遺産分割協議書(遺産分割協議による場合のみ)など)
  3. 3.その他書類(登記申請書、固定資産評価証明書など)
が必要となり、これらの書類を法務局へと提出します。
なお、相続登記には法律上の書類提出期限はありません。しかし、必要書類を提出し、分割したそれぞれの遺産の名義を早期に確定しておかないと、各相続人が法定相続割合で相続したものとして相続税の申請をすることになったり、次代の相続の際にトラブルの基になる可能性があります。