不動産相続の用語集 | 相続財産管理人(そうぞくざいさんかんりにん)

相続財産管理人(そうぞくざいさんかんりにん)
相続財産管理人とは、個人が亡くなった際に、相続人全員が相続放棄を行った、相続人が誰もいない、相続人がいるかどうか分からないといった場合に、相続財産の管理や各種調査、手続きなどを行う役目を持つ人のことです。この相続財産管理人は、裁判所の審判により選任され、一般的に被相続人・相続人と利害関係がない弁護士や司法書士などが選任されます。
相続財産管理人を選任すべき主なケースとしては、被相続人に債権(借金)がある、被相続人が遺贈の意思を示している、被相続人と生前特別の縁故があった「特別縁故者」が遺産の一部を相続する、などが挙げられます。相続人全員が相続放棄したり、そもそも相続人が誰もいない状況で、上記のような状態になった場合、被相続人の財産から無断で債権を回収したり、遺贈や相続財産の分与を行うことはできません。そこで、相続財産管理人を選任し、被相続人の遺産の管理や各種調査、手続きを代行してもらうことで、それらが可能となります。相続財産管理人の選任申立は、利害関係者(債権者、特定縁故者、受遺者など)や検察官が行うことができ、被相続人の最終の住所地を管轄する家庭裁判所に選任申立書を提出することで、申立受理されます。