不動産相続の用語集 | 相続放棄(そうぞくほうき)

相続放棄(そうぞくほうき)
被相続人の財産のすべてを放棄し、一切の財産を相続しない方法。特に遺産よりも借金(マイナスの財産)の方が明らかに多い場合などにとることになります。
相続放棄をするには、原則として、相続開始(故人の死亡)および自己が相続人となったことを知ってから3ヵ月以内に家庭裁判所に申述し、受理される必要があります。
もし、何ら手続をとらずに3ヶ月を過ぎてしまうと、全てを相続する「単純承認」をしたことになります。