不動産相続の用語集 | 相続税(そうぞくぜい)

相続税(そうぞくぜい)
相続により承継した財産に応じて、相続した者に対して課税される税金をいい、相続税法という法律で定められています。
基礎控除額(きそこうじょがく)が定められており、相続財産の税務上の評価額の総額が一定範囲を超えない限り、税務署に対して申告する必要はなく、必ずしも相続人した人全員に相続税の申告義務があるわけではありません。