不動産相続の用語集 | 成年後見制度(せいねんこうけんせいど)

成年後見制度(せいねんこうけんせいど)
認知症等の精神上の障害を理由として、自分自身の権利を守ることが出来ない者を保護するために財産管理や身上看護を支援する制度のことです。
自分の判断能力が低下したときに、自分に代わって財産管理などの仕事をしてくれる人を任意後見人といい、自分に代わって一定の仕事を依頼する契約が任意後見契約です。