不動産相続の用語集 | 成年後見人(せいねんこうけんにん)

成年後見人(せいねんこうけんにん)
相続人のうち、認知症等の精神上の障害を理由として、ものごとを判断できる意思能力を欠いている(又は不十分な)人がいる場合に、その相続人の代わりになって、遺産分割協議や財産の管理を行う立場の人をいいます。
一定範囲の親族が家庭裁判所に対して申し立てることで、家庭裁判所が親族の中又は第三者(主に弁護士や司法書士)から選任します。
ひとたび成年後見人が選任される(後見開始の審判が下りる)と、相続手続きが終わったとしても、そのことのみを理由として、成年後見人がいなくなることはありません。