不動産相続の用語集 | 自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん/じひつしょうしょゆいごん)

自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん/じひつしょうしょゆいごん)
遺言者が自分で全文を自筆し押印する遺言のことです。遺言書の全文、日付、氏名を自分で書く遺言書のことで、押印が必要になります。
証人の立ち会い等が必要なく費用がかからないもっとも簡単に作成できる遺言と言えますが、手書きであることから偽造される恐れや紛失、隠匿、破棄のリスクがあります。
また日付の記入がないものや日付の特定ができないものなど必要条件を満たしていない場合は無効となります。相続開始後は、家庭裁判所の検認が必要になります。