不動産相続の用語集 | 寄与分(きよぶん)

寄与分(きよぶん)
相続人のなかには、被相続人の家業を助けて財産形成に寄与したり、被相続人の療養看護をするなど、 他の相続人に比べてその貢献度が大きい人がいる場合があります。民法ではそのような相続人については 他の相続人よりもその分だけ相続分を多くすることが認められています。これを寄与分といいます。 寄与分をどの程度みるかについては、相続人同士の協議で決めることになりますが、その協議がまとまら ない場合には、家庭裁判所に申し立てて寄与分を決めてもらうこともできます。 寄与分の金額には限度はありませんが、他の相続人の遺留分を侵害することはできません。