不動産相続の用語集 | 法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)
法定相続分とは、相続の遺産分割において、民法で規定されている各相続人への遺産分割割合の目安のことです。例えば、相続人が被相続人の配偶者のみの場合は配偶者が100%、配偶者と子の場合は配偶者が2分の1・子が2分の1(複数人の場合は等分する)、配偶者と父母の場合は配偶者が3分の2・父母が3分の1(複数人の場合は等分する)という具合に定められています。(民法第900条)
遺産の分割割合において、最優先されるのは被相続人の意思(遺言)であり、被相続人が各相続人の相続割合を指定している場合、法定相続分よりもこの「指定相続分」が適用されることになります。(ただし、遺留分に関する規定に違反することはできない。)遺言がない場合の遺産分割割合の目安として、法定相続分が民法に規定されているのです。しかし、必ずこの法定相続分通りに分割しなければいけない訳ではなく、相続人全員の合意が得られるのであれば、話し合い(遺産分割協議)で割合を決めることができます。
話し合いで決着がつかず、裁判所で相続割合を決める場合は、特別な事情がない限り概ね法定相続分通りに分割されることが多いというのが実情です。