不動産相続の用語集 | 非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)
例えば愛人との間で生まれた子など、正式な婚姻外に生まれた子のことをいいます。(正式な婚姻関係にある男女間に生まれた子は嫡出子といいます)
父親が認知するか、家庭裁判所での認知の審判を受ければ、法定相続人になります。
非嫡出子の法定相続分は、以前は嫡出子の半分とされていましたが、民法改正により平成 25 年 9 月 5 日以後の相続からは嫡出子の相続分と同等になりました。