不動産相続の用語集 | 遺産相続(いさんそうぞく)

遺産相続(いさんそうぞく)
遺産相続とは、亡くなった個人の遺産を、親族を中心とする存命中の者(相続人)が受け継ぐことです。私有財産が認められている本国においては、個人の死亡後に、その個人の所有していた現金や不動産、有価証券、様々な権利(債権、著作権など)の所有者や権利継承者を明確にしなければ、私有財産制を維持して健全な商取引環境等を維持することができなくなります。そのため、それらを引き継ぐ「相続人」と、それぞれの相続人が引き継ぐ(相続する)遺産の内容や量などを、個人の死亡後速やかに決めることになります。
その「相続人」とは、亡くなった個人の親族や関係者などの中でどの範囲までを指すのか、またそれぞれの相続人が相続する遺産の割合の目安は、民法で「法定相続人」「法定相続分」として示されています。
また、相続人は遺産をそのまま相続できる訳ではなく、遺産の経済的価値に応じて、相続税法に定められた税率・控除額などを基に算出する「相続税」を支払った上で相続することになります。
遺産相続においては、相続する遺産の割合などを巡って、遺産の規模の大小に関わらず、例年数多くの紛争が起こっています。