不動産相続の用語集 | 遺贈(いぞう)

遺贈(いぞう)
遺贈とは、当事者(贈与者)が遺言によって自らの財産を特定の相手方(受贈者)に無償で与える処分行為のことです。遺贈は、受贈者の意思に関わらず、贈与者の意思・行為のみで成立する、という特徴があります。贈与者が亡くなり相続が発生した際に効力が生じますが、譲渡を受け入れるか否かは受贈者の意思に委ねられることになります。類似用語に「死因贈与」が挙げられますが、こちらは贈与者と受贈者の事前合意(契約)に基づく贈与である、という違いがあります。なお、遺贈には、遺産の全部または一定割合を指定して遺贈する「包括遺贈」と、特定の相続財産のみを遺贈する「特定遺贈」があります。
遺贈は通常の相続とは異なり、法定相続人以外の者でも自由に指定して、被相続人の財産を与えることが大きな特徴です。しかし、法定相続人の「遺留分」を侵害する場合、その財産は遺留分減殺請求の対象となること、また、相続と同様に相続税の課税対象となり、さらに相続税額は法定相続人が相続した場合に比べて割高になることに注意が必要です。遺贈を行う場合には、これらの事情に配慮し、生前に対策を講じておくことが望ましいと考えられます。