不動産相続の用語集 | 遺産(いさん)

遺産(いさん)
遺産とは、亡くなった個人が亡くなった時点で所有していた、お金や経済的価値を有するモノ、権利などのことです。
遺産の対象となる代表的なものとしては、現金、預貯金、保険金(死亡保険など)、借金、未払金、有価証券、貸金返済請求権、借地権、著作権、土地、建物、自動車等の設備類などが挙げられます。
上記からも分かるように、遺産の特徴として、現金や預貯金などのようにプラスの価値を持つもののみならず、借金などのようにマイナスの価値を持つものも含まれます。また、有価証券や建物などは、条件や時期によって経済的価値が変わる可能性もあります。
亡くなった個人の親族はじめ、これらの遺産を相続する権利を有する「相続人」は、故人の死後にこれらの遺産を相続するか、判断することになります。
遺産の経済的価値がプラスかマイナスなのか、またその規模の大小なども考慮して、
  1. 1.すべての遺産を相続する(単純承認)
  2. 2.すべての遺産の相続を放棄する(相続放棄)
  3. 3.相続財産全体の評価がプラスになった場合に、そのプラスの部分の財産だけを相続する(限定承認)
の中から、相続方法を選択することになります。