不動産相続の用語集 | 遺留分(いりゅうぶん)

遺留分(いりゅうぶん)
故人の遺言によって相続分が指定されていた場合にも、一定の遺族を守るために最低限相続できることを保証された割合のことです。 遺留分の権利があるのは、被相続人の配偶者、子、直系尊属(父母・祖父母等)で、兄弟姉妹には権利がありません。